2010-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり

1カ月ぶりに帰ってきました。



アヤクチョに

こうやって世界一周してるとだれかが
温かく迎えてくれるのがマジでうれしかったり(笑)

ロレ、エドワルドはもちろん


ネットカフェでエリアスとロメルにあったり、
道歩いてたらチニート!!ってバーの連中に呼ばれたり、
アイス売りのおばちゃんも覚えていてくれたし、

そんなわけでまたUrpiにいって子供たちと遊んでました。



なんだかチリで地震があったらしく、
メールもくれた人もいたけど、
ピンピンしております!!!!
なにせたぶん東京と北海道以上にチリとアヤクチョは離れてるんで。


浅田真央銀だったんだ。。。
ちょっと残念。
でも力出し切って銀だったんだからキムヨナは相当すごかったんだろうな。
ーーーつて、ちょっとバンクーバーオリンピックに乗っかってみたり。


明日はリマに2ヶ月に戻り、
3月1日とともにアルヘンティーーーナ!!!!!!!!
何だかんだいろいろなじみのある国。
たのしみだな〜


スポンサーサイト

マチュピチュへの道

俺一人だと慎重になる。
誰かと二人だと勇気が出る。
そんなのが6人集まると無謀になる。

そんなわけで、政府に閉鎖されているという
マチュピチュに何とかたどり着けんじゃないかと思って、
いってきました。


メンバーは俺を入れ6人。

ヨシコさん(母)
世界一周組の一人で、彼女が水力発電所の橋が
復旧したらしいという話から
すべては始まった。
まさかのうちの母さんと同じ名前。
そして紅一点ながら一番男らしい(笑)


ナオキさん(カメラマン兼ボス)
最年長のプロカメラマン。
疲れたり、ビール一本飲むと10年ふける(笑)
ある意味で国際派(笑)
途中であったブラジル人ホドリゴにボスに指名される。
悲しきかな最後の記念写真…

アイアイ(ドクター)
今年からお医者様。
何かあったときは命預けた(笑)
心優しい、タバコも吸わないザ・お医者様。
あと5ソル貸してくれてありがとう(笑)

タクヤ(おとり笑)
世界一周組の一人で俺がNY以来再会した人。
この人にそそのかされ…影響されキューバにいったのよね。
彼女うらやましすぎるイケ面(日本代表の坪井似)
あと一週間で世界一周終わりなのか~…

エロシ(ノーパン・ブッダ)
ほんとの名前は、ひとし?さとし?…ああヒサシか。
まぁいいや。
ワンピース嫌いの人で唯一納得させられた人。
お前についてはじっくり書きたい。
下ネタと後光がさすときのギャップがうける。


そして俺(通訳)の6人。
IMGP5376_convert_20100226102046.jpg
マチュピチュ探検隊






クスコからマチュピチュまではもちろん観光客用の正規ルートなんてなく、
(封鎖されてんだ当然。)
ペルー人に混じり、最初はワゴンとバスの旅。

クスコ~(30分)~ピサック~(30分)~
カルカ~(30分)~ウルバンバ~(30分)~
オリャンタイタンボ~(5時間)~サンタマリア(1泊)
~(2時間)~サンタテレサ

ここまでは完璧に計画通り。
宿で見た情報ノート頼りに気ままな旅。
次の日に待ち受ける過酷な試練も知らずに…。

IMGP5355_convert_20100226103103.jpg


IMGP5384_convert_20100226101819.jpg
マチュピチュ周辺の地図。
見づらいけど遺跡左の水力発電所から接近を試みる。


2日目。
サンタテレサで5時間ぐらい仮眠したあと、
朝4時ごろ出発。
なんでもポリスに見つかるとダメらしい。
そりゃそうじゃ(笑)

サンタテレサからはまずは現地の人が言う
”縄の橋”までひたすら歩くこと約2時間…


縄の橋…
っていうか谷と谷の間に交わされたロープを
滑車に乗って渡るっていうもの。
…ハイ、僕は高所恐怖症。
死ぬかと思った。
いや、死にたいと思った(笑)
IMGP5364_convert_20100226101220.jpg



でもなぜそんなことしなきゃいけないか後になってわかった。
渡った先は道なき道の獣道。
しかも土砂降りの雨。
何でこんなとこ歩くねん!って思ったけど
対岸を見れば道路土砂崩れ(笑)
しかも今まさに崩れてるとこもある。
なるほどね。

泥にすべり、
岩に苦戦し、
水溜りでブーツぐしょぐしょ、
雨で体びしょびしょ、
歩くことさらに2時間半。




IMGP5362_convert_20100226103353.jpg
濁流

IMGP5367_convert_20100226102416.jpg
20世紀少年っぽい


IMGP5369_convert_20100226102910.jpg
こんなちゃっちい橋がいっぱい


IMGP5374_convert_20100226101615.jpg
滑りやすい石を乗り越えて




ついに見えた!!
水力発電所!!
ここを超えればマチュピチュまであと約2時間の徒歩!!!!

来た!来た来た!!





普通の道じゃなくて
草むらの中を突き進む。
(後から考えればサンタテレサであったガイドのお兄ちゃんが
警察に見つからないようにわざわざ選んでくれたみたい。)

突き進む…

突き進む…

…ピューイ!!!





…あらこんにちわポリスメン&犬。

そんなわけであと寸でのところでポリスに止められる。
ポリスは捕まえようとはしなかったけど、
『申し訳ないんだけど、観光客は通すわけにはいかないんだよ。
 お前らここ封鎖されてんの知らなかったのか??』

ハイ、ご存知で。

そんなわけでここで潰えました俺らの夢。

ちなみにマチュピチュは4月1日まで閉鎖だそうで。

へぇ。



でも久々の摩訶不思議アドべンチャー。

伝説にはなれなかったけど、
マジで面白かった!!!

序章

マチュピチュ…

行けなかった…

あと2時間歩けばってとこまでいったのにぃ!!!!!!!


でもおもろかったなアドベンチャー(笑)

今日アヤクチョに舞い戻るので
ゆっくり書きたいと思います。


ほな。

へそ

ついに着きました。

インカ帝国首都クスコ。


ここの宿では、

NYであった世界一周バックパッカータクヤさんに再会したり、

インドであったコウヘイさんに激似の、しかもこれまた医者の卵アイカワさんに出会ったり、



とにかく時間がないので要点だけ(笑)

明日若者6人であの場所を目指します。

交通機関がない、

政府により立ち入り禁止、

さあどうなるのか…。


乞うご期待(笑)

やっぱりオイラは日本人

スクレから以前バスで荷物を盗まれてしまったという話をした
オーストラリア人とニュージーランド人のカップルと一緒に
やって来ました

La Paz

前に前振りだけしてそのあと書かなかったんですが、
La Pazを英語にするとthe Peace。

お〜ほら行こうぜ!
そうだみんな歌おうぜ!

なんて聞こえてきそうですが、
(これが分かれば大したもの笑)

日本語では"平和"

まさに俺の街(笑)

自分でいうのも何ですが結構自分の名前を気に入ってたりします。
だってほかにいないもの。
それでいて結構馴染みやすい名前というか。

スペイン語圏では名前の最後がaの人は女の子を指すみたいで
たまに、えっ??見たいな顔もされますが、
俺は日本人。
そんなの関係ねぇ。


ラパスで唯一行きたかったところは

日本料理店。

なんだか最近観光客らしいことしてないんだけれども、
まぁご愛嬌。
だってかれこれNYでそば食って以来、
遠ざかってんだもの日本食。
(ちなみにメキシコで"すしみたいなもの"を
食べたけど、あれはねぇ笑)

そんなわけで昼飯を食べてきました。
ポトシでであった方に奨められた
"けんちゃん"で。

ショウガ焼き、野菜炒め、、、
数ある日本食からチョイスしたのは

カツ丼

しかもお味噌汁ときんぴらと肉じゃがの小鉢付き

店には演歌が流れてて、
奥には座敷もあって、

やっぱりオイラは日本人。
最高です。

ただ難を言えば、
味噌汁の豆腐は木綿じゃなくて絹がいい。



さてさらによかったことそれは、
ジャンプ、ワンピース、バガボンド、プルートウなどなど
日本のマンガ読み放題!

我慢できなくて読んでしまったワンピース56巻(たぶん。最新刊)
いちいち感動させるよあのマンガは(泣)
でも日本でジャンプで読んでたところだからまだね。
エース救出は終わったんだろうか。。。(笑)


そんなわけで一応日本発ってから
断っていたバスタブとワンピースを二つもボリビアで経験しました。

あとは納豆断ちのみ。
流石にこれは破れないだろうな。



さて、これからラパスをうろうろしてきますわ。

せば。

スクレ幽閉(笑)

ポトシを離れ、これまた世界遺産ボリビアの
スクレというところに来たんですが、、、


なんとここもお祭り。
なんだか行くとこ行くとこお祭りで。
プーノにポトシにスクレに、、、。

なんでも2月13、14、15、16とボリビアは休日なんだそう。

でもね、このお祭りほど観光客泣かせのものはない。

ついてそうそう水風船の洗礼に始まり、
道を歩けば通りすがりの車から水鉄砲とバケツで水をかけまくられる(笑)

ほんと何事もなかったから(笑)で済ませられるけど。

しかもこの祭りの期間中、
交通機関もレストランもほぼ休業。

というわけで1日位滞在すりゃいいや
っていう感じだったここも

本日4日目。

まあね。時間だけはあるんです。えぇ。

暇すぎて
ねじまき鳥クロニクル2周目の半分まで読み倒し、
インドでダニエルに習ったイスラエル軍式筋トレをし、
だらだら屋台巡りをし(サルテーニャはうまい!)、
オーストラリア人がバスで荷物をパクられるという恐ろしい話を聞き、、、

まぁたまにはこんな日も悪くない。



そういえばポトシであったJICAのボランティアの方々のお話。

一応比べものにはならないが
俺もいろんなとこでボランティアをしているわけで、
ボランティアの話をいろいろ聞けてすごく興味深かった。

二人はボリビアで2年程度ボランティアをしているらしいんだけれども、
ここまでたどり着くまでの過程も
考え方もさすがといった感じ。
(差し支えるとあれなんであえて詳しくは書かないけど。)


正直いって俺は世界一周が前提で
ボランティアはそこでいろんな人にあったり、
旅行じゃできない経験をしたいから
っていうのが動機で、
80%くらい自分のため。
見る人からしたらすっごく矛盾しているように感じるかもしれない。
俺もなんとなく矛盾というか、これでいいんかなぁと思う時期もあったりしたわけだけど、

100%誰かのためって思ってたらすごく疲れるし、
みんな自分のためになる事があるから一生懸命になれる

みたいな話を聞いて、
なんだか当たり前に思うかもしれないけど、
実際に誰かからいわれるとすごくスッキリした。

なんだかもっとたくさんいい話を聞けたはずなんだけど、
ボリビアワインが俺の記憶を阻害している(笑)

とにかく会う人会う人がほんと貴重なことを教えてくれてます。


ハイ、間違いない。

久々tranquiro


ウユニから一夜明けてバスでポトシという町までやってきました。

ポトシは植民地時代に鉱山で有名になった町。
なんでもスペインで使われていた銀貨とかはほとんどここで作られていたとか。

さらにここの高度は4000メートル超!!
それも世界一なんだって。
ほんと南米を旅してると日本ってちっぽけに感じる。
いちいちスケールがでかい!!

そんなわけで富士山より高いところから
今見下ろして書いているわけです。
まさに雲の上の存在です(笑)


ここポトシでは久々にゆったりした生活をしてます。
ボリビアに入ってから日本人に会えたという感動で
ここ一週間程度駆け抜けてきていたので。

でもここポトシでも日本人の方に出会うことができました。
なんでもボリビアでJICAボランティアをやっているそう。
昨日はお決まりのワインを片手にいろんな話を聞かせてもらったな~。
なんだかボリビアに入ってからほんと出会いに恵まれている。
またこの話はゆっくり書きたいと思います。
そして昨日はバレンタインデーってことでご飯とかおごってもらっちゃいました。


嗚呼、素晴らしきボリビア(笑)

せば。

カクタス グランデ(それでもやっぱり人が好き編)

前回に続きウユニ。

景色も然ることながら、
やはり俺にとって一番うれしかったのは
溢れんばかりのハポネス!!

かれこれ12月31日にメキシコで良と別れて以来、
まともに会話した日本人はスカイプで喋ったNGOのヤスくらい。
---と言うわけでこんなたくさん生の日本人としゃべったのは

今年初!!!!!!!!!!


そりゃテンション上がりますわな。

そんなわけでプーノで出会った栗林さんに
のこのこ寄生虫のようについて行き、
一緒にウユニツアーへ。

いろいろプランは異なりながらもウユニには
塩湖に行く日本人でいっぱい。

IMGP5118_convert_20100214062757.jpg


最終的には俺、栗林さん、アイリッシュのフィニーとマイク
そして塩のホテルから合流したショウタ、マサトの日本人2人。

IMGP5161_convert_20100214063048.jpg
塩湖どまんなかにて


特にあとの二人は同年代だったから
もう俺にとってうれしすぎるメンバー---。
ただ男だけっていうのがちょっとね(笑)

1日目の宿泊では
違う車のチリ人&スイス人たちと仲良くなったり、
6人でチリワインを5、6本空けたり、
最終的には日本人3人でマンガとか映画とか就活の話---

IMGP5170_convert_20100214064947.jpg


2日目には
同じ宿のアルゼンチン人に"島唄"がウケたり、
6人でトランプで大富豪したり、
(フィニーの生"son of a bitch"が聞けた笑)


ただこれだけ男ばっかり集まってると
結局話は下ネタになりますよね(笑)

カクタス グランデ

マジ名言です。
意味は---辞書と推察力を使って考えてください。
とても僕の口からはいえません(笑)

だってチリ人可愛いんだもの。


最後の日には
4ヶ月ぶりの風呂!
それも温泉!
それも混浴!

IMGP5235_convert_20100214063829.jpg
チリ人&スイス人


ほかの国のやつが水着で入る中、
Qué tonto Japónes(アホ日本人)はパンツで入る。

たぶん10カ国以上の国の人がいたんじゃなかろうか。
超国際的温泉。


チリ国境での別れ際には
なぜかブームの"風になりたい"とコブクロとアヤカの"winding road"を熱唱(笑)

みんなにおおウケでした。


IMGP5250_convert_20100214064111.jpg

IMGP5251_convert_20100214065203.jpg
チリ人&スイス人その2


うん、そんな3日間。

おかげさまでちょっとホームシック(笑)

カクタス グランデ(いと美し景色編)

さてウユニの3日間を振り返ります。

今回は景色について。


世界遺産にこそなっていないものの

ウユニ塩湖は絶景!!
ブリティッシュにいうとawesome!!
スペイン語でいうとQué lindo!
アメリカンがいうとFackin´amazing!

IMGP5146_convert_20100214063625.jpg
真ん中の黒い点はなんとバス!


白一色のまさに白い砂漠。
何でもポルトガルと同じ面積があるそうな。


なんでも先週は雨続きで
なかなかきれいな水面鏡
(水面に景色が映ってどっちが空か分からない〜的な景色)
が見れなかったらしいんだけど、
俺らがいった時は晴!

めっちゃキレイだった。

IMGP5115_convert_20100214063324.jpg


ウユニ塩湖の中にある塩のホテルに泊まると
夕暮れ時にさらにキレイに水面鏡ができたり、
夜には流星が足元を---
なんてこの世のものとは思えない絶景が見れたらしいんだけど、
今回はちょっとパスしました(泣)

ただちょうど水が張っている部分と乾期のように水が乾いている部分が見れて超満足!

さらには塩湖の中にポッカリ浮かぶサボテンの島
イスラデペスカからみた360度真っ白の景色も絶景。

---書いてたらまた行きたくなってきた(笑)



塩湖をあとにし、
ボリビアの400メートル級の荒道をひた走る
(車はもちろんTOYOTA)
さすがにこれだけの高地だと
低木とサボテンだけが茂り、
周りはさらに高い山々、
さらに火山地帯らしく突然火山岩の造型がみれたりするわけですよ。

動物もリャマ、アルパカはなんだか当然。
希少なビクーニャやピンク色のフラミンゴまで。
IMGP5185_convert_20100214064659.jpg

IMGP5167_convert_20100214064406.jpg

最後の方は

フラミンゴ?あっそ。

ってなってしまうくらい。

もうスンバらしい!!


もうホントおなかいっぱいです。
でもこの旅の(俺にとって)最高な点は
Mucho Japónes!


続きはまた後で。

ここ5日間のハイライト

5日間日記滞りましたけど、生きてました(笑)

プーノからボリビアのラパス行きのバスでなんと日本人の方に遭遇!

もちろんついて行きますどこまでも(笑)

というわけで
1日かけてラパスに行き、
そのまま夜行でウユニ塩湖へ
朝についてそのまま2泊3日のウユニの旅に出てました。

超ハード!!!!!!!!!!!!

でもウユニの旅は今年初めて
生の日本人(笑)とたくさん出会って、
すんばらしい景色も豊富、
最高でした〜!!

くわしくは明日以降にまた書きます。
なにせ久々の弾丸でつかれたんで。

、、、いうてもこれからさっき会った韓国人の人たちとご飯食べ行くんよね(笑)
でも何でもブラジルの大学に留学中だそうで、
たぶんスペイン語とポルトガル語と英語と日本語と韓国語の5カ国が交じる会話になりそうです。。。

せば

チレーナ≧チチカカ湖

チチカカ湖行ってきました。

てかチチカカ湖でかすぎ!

琵琶湖の12倍でしかも3800メートルにあるっていう…

滋賀県民のプライドずたずただね(笑)




さて話し戻って、一泊二日の島巡りの旅。

初日はチチカカ湖に浮かぶウロス島と呼ばれる浮島を訪問。

島から家から船からご飯を作るための燃料まですべて

チチカカ湖で取れるトトラと言う植物でできている。

島の人たちもみんな民族衣装で民族語のケチュア語で迎えてくれました。

ただ家の中にフツーにテレビがあったのはちょっと興ざめ(笑)



その後は滞在する島アマンタニ島へ

ここには大地と月の神パチャママと太陽の神パチャタタが祭られていて、

必死にマチュピチュにいけるよう願ってきました(笑)

ここでは一緒に行った人たちが何組かのグループに分かれて

地元の人の家に泊まったんだけど…

めっちゃ運のいいことに良君絶賛のチリ人の美女と同じ家になりました!

めっちゃ美人だったな~ペネロペクルス見たいな。

でも彼氏付きで(笑)

でもめっちゃいい人らやったな~。

何より"Yokohama"を知っている!


合格です(笑)


スペイン語あんましゃべれないのを英語で

チョコチョコカバーしてくれて

いろんな地元の話が聞けました。

なんでもアマンタニは長者の島で、

平均寿命は100歳で島には120歳の人も住んでるという。

う~ん…ほんとかよって感じもするけど…

あと、共存のシステムが根付いていて、

まさに"One for all, All for one"の世界。

夜には民族衣装でダンスパーティーもあって

十分楽しんだ二日間でした。

IMGP5045_convert_20100209060828.jpg
俺とチリ人のニコラスとジュビエリ(?なんだか難しい名前だった)

IMGP5007_convert_20100209061141.jpg
チチカカ湖に浮かぶトトラの船




プーノに戻れば、今日はお祭りが最大に盛り上がる日。

スリに気をつけながら見学したいと思います。


IMGP4977_convert_20100209061414.jpg
前回のパレードにて。
なんとこのご家族、名前はカワタさん。
おじいちゃんが日本人だったそうな。
スペイン語理解できなくてごめんなさい(笑)

IMGP4972_convert_20100209061707.jpg
さすがラテン。軍隊も踊る。

明日にはボリビアに入ります。

最初の街のヒントは俺の名前です。

って、一回旅した人ならなんとなくわかるだろうけど。


せば





まーひー

プーノもチチカカ湖に行かないとなんだか一日で回れてしまって

なんだか暇を持て余してます。


ただ街は今お祭りの真っ最中。

どこにいてもトランペットとドラムの音が鳴り響いてます。

更に昨日は夜通しパレードだったらしく、
11時に寝たものの、
2時に起こされ、
4時に起こされ、、

まぁ夏だもんね。
そりゃ騒ぎたくもなるがな。


今日は持て余した時間を使って、
ほかに世界に旅立っているやつのブログを見てました。

インドの小学校でボランティアに励んでるやつ。
マレーシアからシンガポールに旅するやつ。
おととし俺が行ったカンボジア、シェムリアップに行くやつ。
みんないろいろ感じて、考えて、感動してんだな~。



ふと気がついた。


なんだか変な話だけど、
旅立って4ヶ月目になってくると
なんだか旅が"日常"になってきている。

最初の国インドで
何これー!!!!!!
とか
は?ふざけんなよ!!!
なんて一喜一憂してたはずなのに


朝起きて、
外ではラテンミュージックなりまくり、
スペイン語でみんながおしゃべり
っていう環境も

はい当然。

って済ましてしまう自分がいる。

もちろん毎日いろんなことの発見ではあるんだけど、
しだいにその刺激になれてきちゃってるのかな~
なんてちょっと不安。



きっと最初の国がインドってこともあるんだろうな~。

どこにいっても感動と警戒を常に併せ持たなければなんない状況で、
ほんといろんな意味で勉強しました(笑)


…なんて今頃インドの話なんて(笑)
ボディーブローのように効いてくる国ですね、まったく。




話し戻しまして、

もっともっとどっぷり南米につかりたいと思います。

明日はチチカカ湖

そして、更にはボリビアのウユニ塩湖。

楽しみでしかたねぇや。



それにしても日本人に会ってないここ一ヶ月…。

周りは欧米人と南米からの旅行者でなんだか日本人は肩身がせまいっす。


カモン!日本人!!

¡Ven Japónes!






追記

NICEのやすのmixi自己紹介にかっこいいこと書いてあったから拝借します(笑)


インターネットで何でも情報を知ることのできる世の中。
でも、実際に現地に行って、自分の五感をフルに使うことって大事だと思う。

自分の口でその土地の食を味わい、言葉を喋る
自分の鼻でその土地に吹く風の匂いをかぐこと
自分の目で人・景色・起こっている出来事を見ること
自分の耳でその土地の音、人の声、喧噪を聞くこと
自分の肌で、その土地に吹く風に触れ、現地の人たちと触れ合うこと

辛いこと、悲しいこと、しんどいこともあるかとは思うけど
そういう時に人間として本当に大事な『生命力』や『人間力』が
養われるのだと思う。

mucho frio

¡Hola!
¿Comò esta?
estoy en Puno ahora.
Puno es cerca Bolivià.
pero, aqui es mucho frio....
quizas, voy a vivir(dormir?) aqui para tres dias ò mas.
¿entienden?


かっこつけてスペイン語で書いてみた(笑)

でも理解できんの良ぐらいやんね。
ちょっと今日タクシーの運ちゃんに
日本人にしてはスペイン語うまいね的なこと言われて
調子乗った(笑)

そんなわけで前述の通り(笑)駆け足でプーノまでやって参りました。
寒い。
とりあえず今はそれだけ。
明日になったらいろいろ散歩してみようかと。

今日はそれだけ!
寒い。

じゃ。

青と白

無事アヤクチョをたち、
イカの近く(イカは2007年に地震があってから治安が悪いらしい)
ワカチナというオアシスにちょっとだけ滞在して
今はアレキパに来ています。

ワカチナは周りが完璧に砂漠に覆われていて、
(ペルーに砂漠ってあるんだ笑)
ワカチナは完全にオアシス。
そんでもってヒッピーの楽園みたいな環境(笑)

ここでは砂漠のバギーでのツアーと
リトルガラパゴスって呼ばれてるバジェスタス島のツアーがあって、
...というかそれしかやることない笑

砂漠はお金とも相談してやっぱサハラでしょということになり、
バジェスタス島に行ってきました!!

島へ行く途中にはナスカに良く似た地上絵があったり、
島はもう鳥とペンギンとアシカ(?sea lionってアシカやんな?)の楽園
絶対写真じゃ分からないけどめちゃめちゃくさいし、うるさいし(笑)
そんな感じで五感をフル回転させて楽しんできました。




アレキパには今朝ついたんだけど、
ついさっきまでホテルの近所を散歩。
新しい街に行ったら必ずすること、それ散歩。
どこにネットカフェあるとかどこに警察あるとか、どこに安いめし屋があるとか
そんなのをたまに道に迷いながら散策してます。
...で思ったことはアレキパのカテドラル+広場はとてもキレイ!
全体が白い石で作られていて、周りにはヤシの木とか
南国チックな植物が植えてあって、、、
南米のカテドラルに関してはメキシコシティ、モレリア、リマ、アヤクチョと
だんだんうるさくなってきたけど、うーん、モレリア並みにいい感じです。

そしてさりげなく後ろにそびえる富士山みたいな山(名前あとで調べときます笑)がまた良い!

といっても早くプーノに行きたくて明日たちますが笑

そんなわけで2700メートルのアヤクチョから海岸近くのワカチナを経て、
また2000m級の高地に来てます。
でもプーノもラパスもポトシもウユニも富士山級かそれよりも高いところだからまだまだやんね。

高山病になりませんように。。。

なんとなく画像がなくて寂しいので、
このあとの旅程でも貼り付けときます。
道筋だけ。


より大きな地図で viajo を表示
赤は帰りね。

ホントはクスコに一番に行きたかったのに!!
ワカチナでもプーノでも出会う旅行者とは絶対その会話(笑)
というわけで最後に望みをかけてよるつもりです。



最近聞くとテンションの上がる曲(笑)
曲名は"Esta borracha"
Pero, No estoy borracho.

Mi casa

アヤクチョもこの3週間弱で"俺ん家"になりました。
3週間程度でなに言ってんねんって感じだけど、
いろんな人にあったり、いろんな体験をしたり。

始めはボランティアひとりで、みんなスペイン語しかしゃべらんし、
かなり不安いっぱいだったけど、

毎日Urpiの子たちとサッカーしたり、バレーしたり、
土曜日には決まってMagia Neguraってバーでみんなでお酒飲んだり、
たまに早朝にやってる空手の練習に行ったり、
昨日はセニョーラカルメンの親戚のお葬式になぜか参列したり、
(もちろんそれはまずいと思ったんだけど、人が多い方が良いらしい)


前に紹介した人以外にもいろんな人にChinoって言わ...仲良くしてもらいました。
いつもエドワルドをこきつかうロレーナ、
ペルーの俺の弟エドワルド、
いつも元カノ、マリアの話しかしないジョエル、
いつもうるさ...元気なUrpiの子供たちとその先生たち
実はロレーナより年下だったタニヤ
25歳のエドワルドの義理の(?)パパ、パピー
写真好きな空手の師範、アンヘル
みんなで迎えてくれてちょっと有名人気分を味合わせてくれた空手の子供たち
俺のために"No soy chino! Soy Japaponés!"のTシャツを作ってくれた
ロメルとギリシャ人のエリアス

ロレーナの友達でおれのHDの問題を解決してくれたトーニョ
ツケの効くMagia Neguraのテンション高めなバーテンたち
道でアイス売ってるおばちゃん
毎日昼食を作ってくれるセニョーラカルメンと家の人たち
近所の水風船投げてくる子供たち
市場のいつも俺のことを"カイラ"って呼ぶおばちゃんたち
名前分からないけど、もっともっとたくさんの人と仲良くなれて
この3週間、ほんと楽しかったな〜。
きっとボランティアがひとりだったからできたことも沢山あっただろうし

そんな俺の家を昨日たつ...予定だったんだけど、
なんとHDがまたウイルスに感染。
今度は完璧に写真が見れなくなってしまいました。

...って結局はさっき書いたロレーナの友達トーニョのお陰で
何とか見れるようにはなったんだけど、

昨日はガチヘコミ。

そんでもってマチュピチュの電車開通まで7週間というニュース

さらに凹む。

でも寝れば何とかなるのよね(笑)

今日は元気です。

でもきっとこれから別れだからまた凹む(笑)

ほんとほんとさみしいな〜


...というわけでひと月ペルーとボリビアを旅したら帰ってくることにしました(笑)

でもとりあえず、バイバイアヤクチョ。

FILE5381_convert_20100202095603.jpg
左からロメル、ジョエルの友達、ロレーナ、ジョエル

IMGP4619_convert_20100202095359.jpg
Urpiの子たち



IMGP4786_convert_20100202095145.jpg
空手にて

IMGP4824_convert_20100202094741.jpg
エリアス

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

梅たいら

Author:梅たいら
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (162)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。