2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナのボランティア

パレスチナでの2週間は内容が結構重かった。

けど一方で20人近くいたインターナショナルボランティアがみんないいやつで
毎日水タバコ吸いに行ったり、隠れてお酒飲んだり…
で20人もいるんだから、いろいろ人間関係が…(笑)

…というわけでご紹介します。



IMGP8125_convert_20100816085336.jpg
手前はイタリア人のキアラ。
結構俺らの中でも年が上のほうなんだけど、“かっこええ”んすまじで。

で後ろのジャマル(US)とラウラ(Italy)は…今から思えばこの写真で気づきそうなもんだ(笑)
ジャマルのお父さんはパレスチナ人。
おかげで入国は大変だったとか。
彼は事あるごとに英語力の弱い俺とかマキ(もう一人の日本人)に
パレスチナ人の話の解説をしてくれたりしていた。


IMGP8136_convert_20100816085518.jpg
ラウラ、アリーチェ、サラ(みんなItaly!)
…てか書いてあるんだから見りゃ名前わかるわな(笑)

彼女らが一番仲良かったかもな~。
最終日にはフェルミン、カートも混ぜてみんなで
超下ネタトークをしたっけか(笑)

それにしてもアリーチェはモテていた。
少なくともこのワークで3人から矢印が出ていた…
恐るべしイタリアーナ(笑)


IMGP8137_convert_20100816090041.jpg
左からヘイディ、ミミ、ジャマル、カート(US4人衆)

俺はずっとミミとジャマルが夫婦だと思ってたもんだから、
初めジャマルとラウラの関係に気付いた時には“??????”って感じやった。
けど実はジャマルとへイディはもともと付き合ってたらしい。
なんと複雑な構図…。

ちなみにカートは看護士さんでPRIDEファイター。
口癖は“SAKURABAはネ申だ!!!!”


IMGP8141_convert_20100816085641.jpg
パレスチナ3人衆、アブアタ、ジャマル、カリーン。
ジャマルはこのワークのリーダー。
彼らはパレスチナの現実をあますとこなく見せてくれた。
感謝。

IMGP8146_convert_20100816085759.jpg
今度も仲良し組。
左からサラ、ジュリア、ラウラ(Italy3人)、フェルミン(Spain)、マリアン(France)

マリアンはフランス人だけどマドリッドに住んでいてスペイン語がペラペラ。
調子のってスペイン語で話しかけようものなら容赦なく返ってきてわからない(笑)
超短髪だけど超似合ってんだコレが。

フェルミンは仲良しで寝てるとこも隣だったんだけど…。
それは最終日…。

“俺はバイかもしれない”

え~!!それ言う??
てか隣で寝んの超怖いんですけど!!

IMGP8147_convert_20100816090152.jpg
美女軍団とオリー(England)
左からリア(Germany),エンヤ(Spain生まれEngland育ち)、リアン(Scotland)、メッツェ(England)

リアとエンヤは20歳だかんね!!年下だかんね!!
なんかショックやわ。

スコットランドの英語はやっぱ分かりづらい(笑)


IMGP8138_convert_20100816093316.jpg
サラ(germany)。
18歳!!若い!!
てかこの年でパレスチナに興味を持ちさらに来れるというのがすごい。
何がすごいて、ドイツという国の体制がすごい。いや、ヨーロッパか。
日本のこの国際問題に対する認識の薄さ…。ハァ…。つて(笑)

IMGP8018_convert_20100816093426.jpg
ニック!!(London)
シャレオツ・ニック。ロンドンの一日で見れる見どころを教えてくれたニック。
サンクス!!!!!!
スポンサーサイト

日本帰ってきた。

日本に帰ってきました。


イスラエル出国の際には
やはりシリアの入国が引っ掛かり、
カバンから何まで調べられ、
飛行機に遅れそうになったり、

でもそのおかげでグレードアップしてビジネスに乗せていただいたり(笑)

いやはやともかく日本に着いた。


なんだか9カ月ぶりの日本で初めて感じるのは

頭に入ってくる情報が多すぎるということ。

耳から入ってくんのもちろん日本語だし、
音楽とかテレビとか…。

何か情報多すぎ。

てか電車乗ってる皆さん携帯見過ぎ!!


情報は選んでかないと混乱しそうだわ。

とりあえずまだ携帯使わない!!

そして今週くらいは家にひきこもろ(笑)

いろいろまとめなければ。

でもまだ浸ってたい。


おし。

重い、想い


パレスチナにいると、
ほんとにいろんなことを考えさせられる。

パレスチナ人の家に話を聞きに行ったりする。
彼らは多分かなりつらいだろうけど、
自分の家族が殺されたり、けがをしたりする話をしてくれる。

でもそこには子供もいて。

ナブルスの街には至るところに反イスラエル勢力のポスターが貼られている。

これはやっぱり子供も見るわけで。

そうやって育った子供はやっぱり
イスラエルに恨みを抱えて育つでしょう?

そうすればこれはきっとずっとこの殺され憎しみのスパイラルは続くでしょう?

それってなんか違うよね。



金曜日にはどうしても見てみたくて、
パレスチナのデモを見に行ってみた。

でも、大半が外人でほとんどがイスラエル兵が作る
壁の前で歌ったり踊ったり。

もちろんフリーパレスティン!!なんてことを言ってるけど
本当にこれで意味があるんかな。

結局でもは1時間そこらでイスラエル兵に催涙弾を撃たれ終了。

その時のある外人のオッサンの言葉に無性に腹が立った。

"party is over!!!"

これじゃちょっとリスクの高いアトラクションじゃないか。



一方で俺はやりたいことを見つけた。
とりあえず一つ頑張ってみる。
それは秘密だけど!!


で、ちなみに8月7日に日本に帰ることにした。



って何だかどうしようもね~!!
最近のこのブログ(笑)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

梅たいら

Author:梅たいら
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (162)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。